読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

境界の構造

ゆるりと、これからとこれまでの日々。

僕は気にしてないよ、名札というものがあったらなら。

Embed from Getty Images フィリピン留学から帰って来た飛行機での話。 おそらくドイツ人、の家族が6人で乗って来た。 飛行機って大きく分けると3つ座るところあるじゃん。 窓側、真ん中、反対の窓側。 だいたい、3列、3列、3列とかくらいかな。真ん中…

「この地域は、気づいてない魅力がたくさんあります。」はもうやめよう。

これは、地域課題を扱っているとよく聞く言葉。 東京のコンサルタント、まちづくりを研究している学生。某企業。 もともと住んでた人を内の人としたら、それ以外から来た人は外。 よく見えてるからこの言葉を言うんだけどね。 自分でも、この言葉、もうやめ…

あなた自身の社会を読んで

あなた自身の社会―スウェーデンの中学教科書 作者: アーネリンドクウィスト,ヤンウェステル,Arne Lindquist,Jan Wester,川上邦夫 出版社/メーカー: 新評論 発売日: 1997/05 メディア: 単行本 購入: 5人 クリック: 90回 この商品を含むブログ (39件) を見る …

バイアスを拡張させる魔物

魔物は偏見、見方、経験、色眼鏡、たくさん呼ばれ方がある。。 その魔物に取り憑かれた状態はタチが悪い。 横文字で言えばバイアス。タガログ語で言えばサリサリ(ウソ) これってなんでおこるの?っていうかもうデフォルト。 マックくらい頻繁にアップデー…

伝えるにまつわるetc

「文章で伝える」ということに関心がある。 多分、世の中には伝え方はたくさんあって、その定義も様々だけど、 だれかがだれかに届けようとすること、だと解釈してる。 ただ、伝えよう、とするときに自分の場合尻込みする。 どうやって伝えていいかわからな…

社会課題化する社会課題

僕がまだ地方公務員として市役所に勤めた時の話。 自分たちの街くらい田舎だと地方新聞が独自の立ち位置にあって、主要な新聞社を抜いて トップシェアを誇る。=世論、と考えている行政職員は多い(主観ね)。 下っ端の職員は朝8時にきては、全社の新聞をチ…

Good work 一生以上の仕事の等身

Good work 一生以上の仕事が良かった件について megurogawa.stores.jp 表紙に、いいことについては、ちゃんと伝えたいって書いてあってほんと その通りだなぁって思った。 この本は、だいたいイアンソープ世代(今、30代くらいの人たちをさす)の人たちが …

素直になってしまう現象

あ〜フォエバーヨオラブ。 変わらずに流れていく、時はとめられない。 今を忘れないさ あぁ、今更ながら90年代に一世を風靡したドラマ「ビーチボーイズ」にはまってます。 きっかけは、セブ島でのダイビング。 全く興味はなかったのだけど。 たまたま後輩…

アイアムアヒーローの謎

ゾンビ好きとして、今年からなるたけレビューしていきたいと思う。 小学館から出ている漫画「アイアムアヒーロー」 作者は「ボーイズオンザラン」で人気を博した花沢健吾先生 ヤフーの映画講評 http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A2…

自己イメージの囚われ

働き方革命―あなたが今日から日本を変える方法 (ちくま新書) 作者: 駒崎弘樹 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2009/05 メディア: 新書 購入: 11人 クリック: 86回 この商品を含むブログ (77件) を見る 働き方革命を読んで雑記。 内容というよりも筆者の体…

言葉にすること

はじめましての人も、これからの人も。 どうも、荒井です。 フェイスブックアカウントもtwitterも同期しているから、 どこの誰かすぐ分かるんだけど。 少しずつ、真面目にそして、笑えるように、言葉を編んでいきたい。 地方公務員や中間支援組織を通して感…