腹よわ男子の日記

お腹が弱い。ホラー映画が好き。スウェーデンの大学院でサステナビリティとリーダーシップの修士号をとりました〜。

血、でてますよ。

僕はもともと市役所に勤めていて、税務課を経験したことから、経理など事務的なことを処理するのが得意だ。
たまに友人に頼まれてたりするので、確定申告を手伝ったりする。ちょうど2年ぶり?に地元に戻ってきて、ヘルプが発動されたので、友人の家にお邪魔してきた。
 
ひとしきり入力も終わって、やれやれとビールを飲みながら話をしていた時のこと。
友達の奥さんも友達なのだけど、←なかなかややこしい言い方だね。とある記事を読んだときに違和感を感じて、その違和感がなんなのかっていうことについてジックリと話し込んだ。一通り話し終わった後に出てきたのは、盲目的に見ている世界がもしかしたらとても気持ち悪いものなんじゃないか、という問いだった。
 
僕はホラー映画か好きである。市役所時代に悶々とした気持ちを発散させるために、気が狂ったようにホラー映画を見ていた。何が面白いかということの説明がうまくできないのだけれど、とにかく「愛」を感じる。例えばジェイソン、まだCGが発達していなかった中、ジェイソンが被害者の頭を潰すというショッキングなシーンを撮りた勝ったのだろうけど、テクノロジーが追いつかない。そこで考えた策は、精巧とは言い難い人形を作って潰す、というシーンが撮られていた。スローモーションにすると、圧倒的にギャグである。人形からビョーンと可愛らしい目玉が飛び出ていた。でも、このシーンを撮りたい!という情熱というよりかは、執念のようなモノを感じた。
そこからホラー映画は、怖いを感じるものではなく、作り手の愛を感じるジャンルになったのである。
 
そのころは、休みには3本くらい、平日にもちらほらと見ていたので、ホラー映画を100本ほど年間で見ていた。3日に一本みるという狂気の沙汰。まぁ、それくらい見てると、だんだんといろんな神経が狂ってくるんだよね。内臓が飛び出ようが、首がもがれようが、目玉が食べられようが、ふーむ、くらいの感覚で見ているようになるの。
それでね、僕の友達は全くホラー映画を見ないのだけど、それは個人的な理由から、まぁ見るのが怖い、っていうこと。その「普通」の感覚が呼び戻したことが、とあるホラーを全然見ない友人が言ってたこと。

「怖い映画を見ないのはさ、だって血がビューって出るじゃん。」 
 
はい、二人の感覚から思い出したことがありました。ええ、ホラーってね、ホラーという名の通り、こわいんですよ。血がビューって出て、気持ち悪かったり、不快だったり。
それってさ、作り手の愛を感じるというレイヤーの前にさ、血がビューって出るってすんごいこわいよね、冷静に考えると。僕は病院で勤務していたことがあったのだけど、一回緊急で運ばれた手術に立ち会ったことがあったの、通訳として。そんときに感じたのは、リアルな不快感でしたよ。血がビューって。
 
盲目的に見てるモノってもしかしたら、見えてないモノがあるんじゃないかっていう話。
だからさ、ホラー映画を見ている人には「血、でてますよ」って教えてあげるのが、ちょっと俯瞰的に見るためのドアをノックしているのかもしれない。
 


わからないものを説明するとき、の補足

サステナビリティの世界観

 
サステナビリティの世界観を説明するときに、違う文脈でアインシュタインニュートンが出てくる。
一つは、産業革命以後の世界観を作った創始者的なポジションで語られることがある。
もう一つは、アインシュタインの考え方。新たな課題解決をするときは、古い考え方を捨てなければならないってやつ。
 
今回言及したいのは、前者。
アインシュタインとかってなにか起きている現象を、なぜ起きているのか解明できる、という考え方を持っていた。(とサステナビリティの世界観では持ち出す。)
結局、その世界観から何がキーワードとして出てくるかっていうと、「合理性とか論理性」なのだ。
 
例えば、僕は今仕事なし、肩書なし、貯金なし、っていう状態なのだけど、自分のパートナーがそのことを女友達に話をしたとすると、
(合理性、論理性を基にして)いや〜〜、そいつはないでしょっていう風な結論を下す(はず。)
 
僕がエレベーターに閉じ込めれらた女性を助けたことや、リスクをおかして大学院に挑戦するなどの話は出てこないにしても、聞いたとしても、上記の「職なし、金なし、肩書なし」状態がきっと勝ってしまうだろう。
 
合理性や論理性は、全て数値化できるような気がする。30代でどれくらい稼いでるだとか、ついてる会社の株価はどれくらいだとか、貯金はいくらだという合理的な計算から、
30代半ばではこれくらいだろう、という友人たちは結論を下す(気がする)かといって僕が経験してきた体験は、数値化はできなさそうだよね。回数としてはできるかもしれないけどさ。
 
この合理性や論理性を基にした見方が世界を圧巻している、というのがサステナビリティの基本的な考え方なんだけど。
みんなはどう思うかな?
 
この考え方とは反対に、関係性すなわち包括性に着目するのがサステナビリティを語る上で重要になってくるのだな。
 

わからないものを説明するとき


f:id:araiobake:20190108211832j:image

先日書いたエントリで、自分が学んできたことを整理してみた。けれど、入口の段階であるにもかかわらず説明がすんごく難しいことにきづかされた。日本ではまだまだ馴染みのない領域であるし、そもそも学んできた言語が英語だから、英語から日本語に変換しなければならない。もともと難しいうえに、さらに困難がつきまとう。

 

よく物事を説明するときには小学一年生に説明するように言葉を選びなさい、ときく。例えば、僕は海外にいってコミュニケーション能力が鍛えられたとおもうけど、コミュニケーションという便利な言葉も小学生には、わからないから別の言葉を探すしかない。そして、一昨日のこと。自分が学んだことを両親に説明してみた。この説明をするプロセスで二つ感じたことがある。それはまず、物事を説明するときはオーバー60にわかるように説明しようも、小学生のそれと同義であること。

 

そしてもうひとつは、コミュニケーションという言葉をおきかえるプロセスのことだ。コミュニケーションをおきかえると、ひとつに、ひととひとでお話をして、お互いがなにをおもってるか、かんじているかを考えたり、確認したりすること、とかっていま思いついたのだけど。この作業によって「コミュニケーション」は、かなり具体的かになってるとおもうのだね。

 

その具体的なものを曖昧にしてるのがマジックワード「コミュニケーション」で、っというか日本語ってこういうことがものすごい多いのね。スウェーデンにいったこと、そして、両親に説明してるときに気づいたこともうひとつのこと。

 

「ますますのご活躍を期待してます。」↔なにに対してご活躍するかわからない、活躍ってなに?

 

この曖昧さが余白を生むこともわかったし、逆に曖昧さを生んでよくわからないということもわかった。どちらが正しいというわけではないけども、ぼくはどちらのコミュニケーションも好きですね。はい。

まぁ、いずれにしろオーバー60に説明することは、ひじょーうに難しいということがわかった一日でした。

 

 

サステナビリティの定義

f:id:araiobake:20190105124607p:plain

 

前回SDGsっててなんなの?ってエントリをだしたから、それじゃ、自分が学んだサステナビリティの定義はなんだったのか、ちょっとおさらいする。

まず、前提として、人類がつくりあげてきた社会システムでは人類ないし、地球はもたない、ほらいま人類の生活は地球上2個半だか3個分の生活をしてるってニュースなかったけ?石油はばんばん使うし、温暖化はすすんでるし、世界の貧困は広がるばかりだし、環境も社会もちょっと、いや相当ヤバイよねってのが前提。

そのサステナビリティを最初に学んでびっくりしたのは、世界観から勉強がスタートするの。アカデミックの世界ではディスコースっていうのかな、文脈とも捉えていいかもしれない。この文脈をうまく説明することができない、、、あるなし的な感じでこれまでの世界観とサステナビリティの世界観を表現してみる。

 

f:id:araiobake:20190105124044p:plain

左が世界を牛耳る世界観。右がサステナビリテェの世界観



よにはこびる課題は、特定の原因があって、結果があるわけではなくて、もっと原因となる要因が、有機的に複雑につながりあっている、一周まわって、いい方法がもわるい方法にもなりうるし、課題解決が課題自体にもなる、という禅問答のような東洋的思想が見えかくれする。この文脈に基づくと課題は4つに分類される。これはカナビンフレームと呼ばれる。このコンプレックスないし、コンプレキシティがサステナビリティが扱う課題で、この課題は人類が作り上げたシステムによって、どんどん進んでいる。

特定の原因があるわけじゃないから、全体性(ホリスティック)なアプローチが必要になる。まぁ、それがシステムシンキングなんだけど。。いま気づいたのがサステナビリティの世界観の前提とかを説明するだけで、かなり複雑だ、むしろ、これがコンプレックスなチャレンジそのものじゃないかい笑

有機的な課題がどんどん人類をダメなほうにおし進めていくから、どうしたらいいの?っていうのに登場したのかぼくが学んだフレームワークなんだな。それはFSSDってよばれてて(Framework for Sustainable Development)、このフレームワークを守ればサステナビリティに向かってくよ!っていう指針を示した。このフレームワークではサステナビリティをEcological と societalに分けてて、環境と社会っていう大きな柱があったのね。

例えば、ecologicaolでは具体的に、地球から物質(石油などなど)を発掘することに関わらないとか、socialの方では、自分自身が健康かとか、職場や社会で自身が発揮されてるか、とかまもらなければならない原則が8個あったの。

メインで学んだことは、このフレームをもって、unsustainable developmentな会社や組織をどういう風にサステナビリティに導いていくのか、ということだった。利益とサステナビリティが相反するっていうのがイメージだし、世界観の違う人とどうコミュニケーションするかとか、導いてくなかにもいろんなプロセスや背景もあって、サステナビリティってなんなのだぁぁぁぁぁってすごい思ったし、感じたのだけど、、、

このブログをかいてて、あんまり筆跡があつくならなかった。なんでなんだろ、っていうことをおもいだしたいのでこのまま残す。そして説明もわかりにくい、、、からこれはもう一度いつか書き直します、、、




SDGsってなんなの??


f:id:araiobake:20181206020031j:image

 


最近SNSや日本のニュースでやたら、SDGsSDGsが騒がれてる、(ように感じる。) スウェーデンでも若干学んだのだけど、なぜいまごろになってこんなに目にするんだろう、疑問におもった。そもそもSDGsは国連が定めた「指標」で、おおざっぱにいうとその行動指針に基づいて、社会をサステナビリティに向かわせましょうよっていうことなんだけど。

ここで疑問が二つあって、そもそもサステナビリティってなんなのよ?っていうことと、なんでSDGsが盛り上がってるのかな?って。
まずサステナビリティって言葉が使われだしたのは90年代の国連の報告書だった。それまでに、このままの社会システムでは地球ないし、社会生活を維持していくことがすごくむずかしいことは何度も報告があったけど、「サステナビリティ」という言葉が使われたのははじめてだった。(それ以前にも使われていたとおもうが、国連のような大きな機関で使われたはじめたのが。)

 

サステナビリティにむかうために、どういった発展(sustainable development)をすべきか、ということが話の軸になっていくのだけど、はっきりというと、この定義はだれが、どの機関がいったかによって、バラバラなのです。だから、ひとくちにサステナビリティっていっても定義によって、どういったことを指すのかということが違ってくるのだな。だから、僕が学んだサステナビリティと国連がいうサステナビリティは違ってくる。これが前提だから、この言葉を説明するときはあくまで、なにかしらの文脈に基づく言葉なの。スーパーざっくりいうと、地球も人類もハッピーになるように努めるということなんだけど、努めかたや努めかたを測る指標は全然違うことになるんだなー。それに若い分野だし、日々研鑽されてる最中だし、どうしたら永続的、持続可能に人類がくらしていけるかってそもそも相当むずかしい命題じゃない?

 

にも関わらずさ、言葉だけがすんごい先走ってる感が個人的にはしてて。修論で取り上げたトランジションムーブメントの立役者っていうか張本人にインタビューしたときに、トランジションタウンはサステナビリティを目指してるみたいにみえるけど、そうなの?ってきいたときに、サステナビリティという言葉は使わないといっていた。なぜなら、その言葉自体にあまり意味がないからと。例えばイギリスでは、いまの政策に全部sustainable developmentと明記されてる、ってことはもうサステナビリティかというと、全然っていうことはだれの目にも明白だし。もっと「行動する」ということに重きをおきたいってなことをいっていた。

 

コンセプトが日々うまれ、消費される風潮みたいなのが自分はキライなのだとおもう。あとその広まり方、大手の広告会社と行政が広めようとして、少しずつ企業がサステナビリティしてますアピールみたいなのに使われる(もちろん、すべてがすべてではないとはわかっているのだけど。)

 

SDGsっていうコンセプトがキライなわけではない、でもSDGsを消費したら、つぎはなんなの?